2017年の祝日の特徴は?カレンダーでチェック!

2016年も、あと1ヶ月足らずとなりました。

2017年のカレンダーは、そろそろ手に入れられましたか?

お取引先から、店名入りのカレンダーをお受けになったり

お店で販売しているものを買って帰られたりとか、さまざまでしょう。

当社も、カレンダー商戦がピークの時期になっております。

ひょっとすると、あなたがお持ちのそのカレンダー、

私たちが手がけたものかもしれませんね。

さて

手に入れた方も、そうでない方も、

来年の祝日を一足早くチェックして、1年の計画を立てましょう。

船上の日の丸

 

ただし、連休に関しては、2017年はちょっと「残念」なことが多いようです・・・

 

◎「2017年は、祝日と土曜が重なっていることが多い」

2月11日 建国記念の日 土曜日

4月29日 昭和の日   土曜日

9月23日 秋分の日   土曜日

12月23日 天皇誕生日  土曜日

なんと4日も重なっています。週休2日制で土日が休みの方は、少し損した?感じでしょうか。

 

◎「大型連休が短い」

・ゴールデンウィーク

4/29(土・祝)・4/30(日)・5/1(月)・5/2(火)・

5/3(水・祝)・5/4(木・祝)・5/5(金・祝)・5/6(土)5/7(日)

「5/1」「5/2」「5/6」が休めれば「9連休」ですが

ほとんどの方は、5/6の土曜が週休2日制の休みで

せいぜい「5連休」、といったところでしょう。

 

・お盆休み

8/11(金・祝)・8/12(土)・8/13(日)・8/14(月)・8/15(火)・8/16(水)

「8/11:山の日」が金曜なので、だいたい5~6連休だと思います。

帰省される方は、実家でのんびりできる時間がほとんどないですね。

 

 

・シルバーウィーク

9/23(土・祝)9/24(日)

冒頭で述べたように、祝日の「9/23:秋分の日」が土曜です。

2017年は、「シルバーウィーク」といえるような大型連休は、残念ながらありません。

ちなみに、次の「シルバーウィーク」は、現状の祝日制度では2026年です(10年後!)

 

・年末年始休暇

一般的には12/29が仕事納めで、12/30~1/3までが休みとすると

【2016年末~2017年】

→12/30(金)・12/31(土)・1/1(日・祝)1/2(月・休)・1/3(火)

【2017年末~2018年】

→12/30(土)・12/31(日)1/1(月・祝)・1/2(火)・1/3(水)

2016~7年も、2017~8年も、年末年始は土・日がかぶっているので、

大型連休にはなりにくいですね。

 

◎終わりに

そういうわけで、長期の休みは少ないです。

ならば、皆様は早いうちに計画を立てておきましょう。

休みが分散されないので、各地の行楽地では宿泊予約が集中しますし、

高速道路も渋滞が予想されますので

休みをエンジョイできるよう、うまくカレンダーを使ってみてください。

(2016/12/05)

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。