「ナンバー1」にあやかろう!~「富士山」カレンダーのご紹介

2016年9月のブログでは、

「ナンバー1」のシンボルの一つとして、「富士山」をご紹介しました。

2位以下の山々とは、別格の知名度と存在感を持つ「富士山」、

その優美な姿は、日本のみならず、

海外にも「フジヤマ」として、よく知られています。

 

「富士山」のカレンダーは、当社にも多数ございます。

「霊峰・富士」のご利益(ごりやく)が、皆様や皆様のお客様に届きますよう

おすすめの4点をご紹介いたします。

ぜひ、ご検討ください。

 

品番/品名: 【UK-503/富士山】  *当社カタログ掲載!

サイズ: 600×900mm

用紙: 不織布

・大型のポスターカレンダー。不織布を用いていますが、写真の緻密さは紙製にひけをとりません。

さらに、このカレンダーを買われる方のほとんどが、「写真の大きさ」で選ばれます。

天地60cm・左右90cmのカレンダーほぼ全面に拡がる画面はカレンダーでも最大級。

他のカレンダーの約2倍を誇る、その圧倒的な迫力をお楽しみください。

2016-uk503%e5%af%8c%e5%a3%ab%e5%b1%b1

 

 

品番/品名: SG-546/フィルム・富士山

用紙: (写真部分)PETフィルム/表紙(コート紙)/本文(上質紙)

サイズ:747×504mm(B/2切) 7枚物(表紙+本文6枚)

・写真がPETというフィルムに印刷されています。フィルムカレンダーの良さは「写真の鮮やかさ」!

青い空、白い雪、そして花々のカラフルな色調などが、フィルムならではの発色の良さで再現されています。

カレンダーとして使用した後も、このフィルム部分の「お気に入り」をカットして額装されるファンの方も

多いそうです。

sg0546-%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%ab%e3%83%a0%e5%af%8c%e5%a3%ab%e5%b1%b1%e8%a1%a8%e7%b4%99   sg0546-%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%ab%e3%83%a0%e5%af%8c%e5%a3%ab%e5%b1%b1%e6%9c%ac%e6%96%87

 

 

 

品番/品名: TD-634/A2日本の心・富士山~大山行男作品集~

用紙: スーパーアートマット紙

サイズ: 608×425mm(A/2切) 13枚物(表紙+本文12枚)

・このカメラマン・大山行男氏は、富士山の麓にドームハウスを建てて

移り住むほどの「富士撮影の第一人者」です。

「週刊朝日」に連載した「富士燦々」をはじめ、「富士山」に関する作品や著作も

数多く出されており、思い入れも相当のようですね。

このカレンダーのセールスポイントは、「こんな富士山見たことない!(メーカーカタログより)」

と言わしめるほどの、大胆な構図と色彩を堪能できるところにあります。

芸術性が高い分、正直、好みは分かれるかもしれませんが、ぜひ試しに一度、ご覧ください。

td0634-a2%e6%97%a5%e6%9c%ac%e3%81%ae%e5%bf%83%e3%83%bb%e5%af%8c%e5%a3%ab%e5%b1%b1%e8%a1%a8%e7%b4%99td0634-a2%e6%97%a5%e6%9c%ac%e3%81%ae%e5%bf%83%e3%83%bb%e5%af%8c%e5%a3%ab%e5%b1%b1%e6%9c%ac%e6%96%87

 

 

品番・品名: 【NK-66/富士十二景】

用紙: マットコート紙

サイズ: 535×380mm(46/4切) 13枚(表紙+本文12枚)

・カレンダー部分がマス目になっており、予定も書きやすくなっています。

写真もオーソドックスな選択で、いわゆる「個性の強さ」はありませんが

紹介したカレンダーの中では、一番「季節に合った写真」をセレクトしている

印象があり、四季を通じて違和感がなく、どんな部屋でも馴染みそうです。

大きさも手頃で価格もリーズナブル、幅広い層に支持されることが求められる

販促用としても、うまくバランスをとった「使いやすい」カレンダーだと思います。

 

nk0066-%e5%af%8c%e5%a3%ab%e5%8d%81%e4%ba%8c%e6%99%af%e8%a1%a8%e7%b4%99nk0066-%e5%af%8c%e5%a3%ab%e5%8d%81%e4%ba%8c%e6%99%af%e6%9c%ac%e6%96%87

 

「富士山」のカレンダーは、まだまだいろいろあります。

 

「富士山」をテーマにしたカレンダーだけでも、ご紹介した以外にもまだありますし、

「風景カレンダー」の中の1点に「富士山」を採用したカレンダーは、かなりあります。

写真ではなく、「富士の絵」を採用したカレンダーもありますね。

その他、台紙や卓上カレンダー、ゴブラン織カレンダーなどにもあると思います。

 

いかがでしたか?

今回は、「富士山」のカレンダーをいろいろ紹介いたしましたが

巷には、まだ数多くのジャンルのカレンダーが出版されています。

「こんなカレンダーがほしい」と思われたら、まずは当社にご相談ください。

お待ちしております。

(TEL:075-541-6367/FAX:075-541-0287)

 

(2016.09.20)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。