ヒットのヒント~情報を際立たせる「フレーミング効果」

【問題】

自社商品について100人のお客様にアンケートをとったところ、

75人が「満足」と答えてくれました。

この結果を公表するとしたら、どちらの表現が賢いと思いますか?

A.「この商品は75%のお客様にご満足いただいております」

B.「この商品は100人中75人のお客様にご満足いただいております」

今月も1分間だけ、考えてみてください。

 

アンケート

 

 

 

 

 

 

 

 

【回答】

正解は「B」です。

「なんとなくそう思った」方が多いと思いますが、

どうしてそう思ったか?そこがポイントですね。

 

この問題のように、表現方法を変えることで

情報の受け取り方が全く違ってくることを

「フレーミング効果」といいます。

ネガティブな情報より、ポジティブな情報を強調する方が

より好意的、楽観的に受け止められるのはもちろんですが

その場合も、数字的に同じ内容なら、

パーセンテージ表記より、人数などの実数で示したほうが、

脳は「より現実味を感じてくれる」というのです。

 

たとえば、これがネガティブな話だと、よりわかりやすいでしょう。

A.「死亡する可能性もあるが、生存率95%の手術」

B.「受けた患者の20人に1人が死亡する手術」

あなたは、どちらの手術を選びますか?

おそらく、Aを選ぶ方が多いのではないでしょうか。

だって、Bはちょっと怖いですよね。

でも、手術の成功率としては、全く同じ・・・・。

それなのに、Bを避けたくなる決め手は「20人に1人」という言葉です。

「自分が、その1人になるのでは・・・」といった

すごく具体的に「いやなイメージ」が生まれてくるからなのです。

 

もう、おわかりでしょう。

ポジティブなメッセージを伝えたいときは、結果を実数で伝え、

逆に、ネガティブなメッセージを伝えなくてはいけないときは

結果をパーセンテージで伝えれば、相手に与えるインパクトの強弱を

自由自在にコントロールすることができるのです。

(2016.05.24)

One comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。