来年は9月に大型連休!(2015年の祝日事情について)

2014年も折り返し点を過ぎ、カレンダーの商戦も本格化してきました。

今回は、手元にある来年のカレンダーを見ながら、

来年の祝日・連休関係の状況をチェックしてみました。

営業マンの方は、カレンダーセールスの「きっかけ」に使ってみてください。

もちろん個人的に、休日の予定をあれこれ考えるのもいいですね。

では、どうぞご覧ください。

 

◎大型連休関連

・9月に「秋のゴールデンウイーク」!(来年のお話ですよ!今年とお間違えないように)

9/20(日)

9/21(月・祝:敬老の日)

9/22(火・祝:国民の休日)

9/23(水・祝:秋分の日)

 

これが一番のトピックです。

「カレンダー通り」で4連休、土曜も含めると5連休になります。

ちなみに、秋分の日はほとんど「9/23」ですが、閏年などは「9/22」になったりします。

2103年、2107年には計算上「9/24」が「秋分の日」になるらしいですが、まあ「未来のお話」でしょうか。

 

・5月

5/3(日・祝:憲法記念日)

5/4(月・祝:みどりの日)

5/5(火・祝:こどもの日)

5/6(水・祝:憲法記念日の振替休日)

 

とこちらも4連休、土曜も含めると同じく5連休になります。

もちろん4/29(水・祝:昭和の日)もありますが、2015年はちょっと「離れて」ますね。

 

ほかの連休としては

◎「ハッピーマンデー関連」の連休

・1/11(日)・1/12(月・祝:成人の日) *2連休(土曜もいれると3連休)

・7/19(日)・7/20(月・祝:海の日)  *2連休(土曜もいれると3連休)

・10/11(日)・10/12(月・祝:体育の日)  *2連休(土曜もいれると3連休)

個別に論議はあるものの、「必ず連休になる」という意味ではありがたい祝日

ただし「海の日」には、見直し案も出ています(下の「その他の話題」参照)

 

◎「通常」の連休

・3/21(土・祝:春分の日)・3/22(日)

土曜がもともとお休みの方は、ここでは少し損した感じですね。

ちなみに、春分の日は年によって変わります(「3/20」「3/21」いずれか)。

 

・11/1(日)・11/3(火・祝:「文化の日」)

これはいわゆる「飛び石連休」になります。11/2(月)は、平日ですよ!

2015年では唯一の「飛び石連休」です。

 

・11/22(日)・11/23(月・祝:勤労感謝の日)  *2連休(土曜もいれると3連休)

 

◎「単独(一応、他の日祝日と2日以上離れている、とします)」の祝日。

・1/1(木:元日)

ほとんどの方が、すでに年末年始休暇中なので

ある意味、一番「祝日」という意識が少ない日なのかもしれません。

 

・2/11(水:建国記念の日)

・12/23(水:天皇誕生日)

偶然にも、どちらも週半ばの水曜日でした。

 

◎その他の話題(来年以降の祝日状況)

・新しく制定された祝日「8/11:山の日」は、「2016年から」の施行です。もう少しお待ちください。

・8/1の時事通信報道によると、自民党などで

「海の日」は「7月の第3月曜」から当初の「7/20」に戻す、

という動きもあるようですが、まだ未定です。

 

(2014.8.25)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。