ヒットのヒント~スーパーでパンコーナーがレジの近くにある「やさし~い」理由とは?

今月も先月に引き続き、「売り場」クイズでお楽しみください。

フジテレビ系で毎週火曜の夜19時57分からやっている

「優しい人なら解ける クイズやさしいね」からの出題です。

 

この番組は「知識もIQも必要なし!」

とにかく「やさしさ」のセンスが問われます。

これは「顧客満足」という観点から、あなたのビジネスのヒントや

スキルアップにもつながると思いますので、ぜひ一度、ご覧ください。

 

【問題】

スーパーのパンコーナーは、たいていレジの近くにあります。

これには、お客様に配慮した、あるとっても「やさし~い」理由があるのですが

さて、その理由とは、いったいなんでしょう?

今月も、1分間だけ、考えてみてください。

 

 

 

買い物かご

 

 

 

 

【答え】

正解は

「買い物している最中にパンが潰れないようにするため」でした。

食パンなど、パンは柔らかいものが多いので

先にパンを買って、あとから固いもの(たとえば大根など)を上に乗せてしまうと

それらの重みで潰れてしまいます。

(お分かりにならなかった方は、もう一度、上の「買い物かご」の写真をご覧ください。

このかごの一番底にパンがあったらどうなるか、を考えたら、ご理解いただけると思います)

 

また、潰れないようにと、他の物を買うたびに買い物かごの中の位置を入れ替えていると

お客にとっては、それだけで大変な負担になってしまいます。

そこで、スーパーではパンが最後に買えるように

レジ近くに売場があることが多いそうです。

 

ちなみに、入口近くに野菜売場があるスーパーが多いのは、

旬のものが多い野菜から見たほうが献立を考えやすい、という理由からだそうです。

主婦は、「スーパーに来て食材を見てから献立を考える」というケースが圧倒的に多いそうなので

旬の野菜がまず目に入る、というレイアウトが重要なのですね。

(2015.11.24)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。