ヒットのヒント「たったの30秒で描いた絵が、なんと100万円!?」

ピカソが、レストランに食事に行った時の

お話だそうです。

 

当時、すでに画家として40年のキャリアがあったピカソは

とても有名になっていました。

 

ピカソがいる!

と気がついたレストランのボーイは、

ピカソの食事が終わるのを待って、声をかけました。

「ピカソさんですね。大ファンなんです。

このナプキンの裏に、私のためになにか簡単に描いてもらえませんか?」

 

ピカソはボーイからペンとナプキンを受け取ると、

そのままナプキンの裏にささっとスケッチをしました。

 

30秒ほどで描いたそのスケッチをボーイに渡しながら

ピカソはこう言いました。「1万ドル(約100万円)だ。」

 

ボーイは驚き

「確かにあなたの絵画は高額ですが、

30秒もかけずに描いた絵の割には高すぎます!」

と思わず声を上げました。

 

さて、ここでピカソが答えた言葉が

「大したもの」

だと、筆者は思うのですが

いったい、なんと答えたのでしょう?

 

さあ、今回も1分間、ピカソになったつもりで、考えてみてください。

 

ナプキン

 

 

 

 

 

それでは、正解の発表です。

 

ピカソは、顔色一つ変えずにこう言い切ったといいます。

 

「違う。40年と30秒だ。」

 

いかがでしたか?

お話は以上です。

 

この逸話を紹介したダン・ケネディ著「常識の壁をこえて」は、こうアドバイスしています。

「(あなたにとって)どんな簡単な仕事だったにせよ、

プロとしての知識やスキルを使って仕事をしたのなら

あなたはきちんとその価値相応の金銭を要求せよ。」

 

全く当たり前のことなのですが、ピカソの話を聞く前と後では

かなり「重さ」が違うのではないでしょうか。

 

そうなんです。

人は「30秒の価値」は要求できますが

「40年の価値」を要求できますか?ということが、肝心なのです。

あるいは、「40年」のことは、意識すらしていなかったとか・・・

あなたは、大丈夫でしたか?

 

ピカソのようにふるまえ、とまでは申しませんが

「40年」とは、積み重ねていった「自信」であり、そして、「責任」でもあると思います。

 

ピカソはまぎれもなくその意識をもって、「仕事」を全うしたのです。

(2015/2/23)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。